ネット総合病院 公式ホームページはこちらから

ネット総合病院の公式ホームページでは、海外の安い医薬品の個人輸入の注文を受け付けています。ご登録いただくことで、その日のうちからどなたでもご利用になることができます。個人輸入を行う際の注意点としては、ご購入された医薬品は、ご自身できっちりと管理することがあります。

 

取り揃えられている医薬品は、日本国内で手に入るものもありますが、同等の成分のものでも、ネット総病院からご注文されることで、安く済むものがたくさんあります。これは、日本での流通価格よりも、海外の流通価格が安いことが原因です。そのために、ネット総合病院のホームページなど、個人輸入の注文を行うことのできるところに、今、関心が高まっています。

 

ネット総合病院では、医薬品の取り扱い価格が安いことがお分かりいただけたと思いますが、それ以外の個人輸入に対する不安はあると思います。たとえば、海外からの医薬品の送料のことや、医薬品をネット通販することの危険性などです。

 

日本国内でも、医薬品をネット通販することに危険性を声にする専門家もおられます。ネット通販で手に入れるということは、注文者の判断で、医薬品を決定するということです。通常、病院で薬を処方してもらうときには、医師の診察によって、体質と成分との相性を確認してから処方します。

 

これは、相性が悪いと、まれに、大きな副作用が出ることがあるからです。ネットから医薬品を購入することで、この相性の確認を行うことなく、また、医薬品の知識がない人の判断で、医薬品を決定するということです。もしも、大きな副作用が出たときには、どうしたらいいのかという判断を行うこともできません。そのために、ネットから医薬品の個人輸入を行うことは危険が伴うという考え方もあります。

 

そのために、ネット総合病院では、ご購入前に、病院に行って専門会に診察に受けて、必要な医薬品の処方箋をもらっておく方がいいと推奨しています。処方箋には、あなたに必要だとされる医薬品の成分名や商品名が記載されているので、同じものをネット総合病院に注文を入れることで、間違っている医薬品を注文することが少なくなるというわけです。

 

症状が継続してある場合には、同じ処方箋でも問題はないと考えられますが、実は、処方箋にも期限が切ってあることがあります。人間の体は年齢を重ねると、体質が変化することがあります。そうなってくると、以前は服用することが医薬品でも、服用することができなくなっているということもあるのです。このようにネット総合病院の公式ホームページをご利用になることで、安い海外の医薬品を購入することができますが、それには、個人輸入や医薬品に関する予備知識が必要だということです。


更新履歴
このページの先頭へ戻る