白髪染めトリートメントでも痛む?髪や頭皮が傷付かない商品の見極め方とは

白髪染めトリートメントをまだ使ったことのない方が悩むこと。

それは「白髪染めトリートメントを使っても本当に痛まないのだろうか?」

ということではありませんか?

従来の白髪染めとは少し違うと言っても、やはり白髪染めには変わりありません。

ですから髪や頭皮が痛んでしまうのではないかと心配している方もきっといらっしゃるのではないかと思います。

そこで今回は、白髪染めトリートメントを使うと痛むのかどうか詳しくお伝えしていきますね。

これから白髪染めトリートメントを使ってみようと考えている方はぜひご覧ください。

白髪染めトリートメントを使うと髪や頭皮は痛む?

ではさっそく、白髪染めトリートメントを使うと髪や頭皮は痛むのかどうか、白髪染めトリートメントが持つ特徴から探っていきましょう。

以下を見れば、その真実が少しずつ見えてくるはずですよ。

脱色をせずに染められるから傷みを最小限に抑えられる

脱色をせずに染められる白髪染めトリートメントは、傷みを最小限に抑えることができます。

なぜなら白髪染めで髪が傷んでしまう原因には、脱色をしてから色素を入り込ませるということも関係しているからです。

しかし白髪染めトリートメントであれば髪の表面に染料をコーティングすることで白髪を染めることができるので、髪や頭皮が傷みづらくなっているのです。

そのため染め方に関しては痛む心配をしなくても良いことが分かりますね。

刺激の低い成分が白髪染めのダメージを軽減

白髪染めトリートメントには低刺激で優しい染料にこだわっているものが多くあります。

その中には刺激の強い染料として知られるジアミンなどが含まれていないものもあり、そうした白髪染めトリートメントだと地肌が敏感な方でも安心して染めることができますよ。

髪や頭皮を守りながらケアすることができる

白髪染めトリートメントでは、名前にトリートメントと付いているだけあって髪や頭皮を守り、ケアできる成分が豊富に含まれています。

度重なる白髪染めで髪がボサボサに傷んでしまった方にとって、白髪を染めながら傷んだ髪をケアしていくことができるのはとても嬉しいことですよね。

ですから白髪染めトリートメントを使うと痛むどころか、逆に触り心地のよい美しい髪へ近づけていくことができますよ。

痛む心配をしなくてもOK!安全な白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントについて知っていただいたところで、ここからは痛む心配をせずに使うことができる白髪染めトリートメントをご紹介していきます。

すべての白髪染めトリートメントが安全というわけではないかもしれませんが、その中でも次のような白髪染めトリートメントであれば安全に染めることが可能ですよ。

利尻ヘアカラートリートメント

内容量 200g
価格 3,000円
染料 塩基性染料

HC染料

天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)

香料 無添加
添加物 l  パラベン

l  ノンシリコーン

l  ジアミン系色素

l  無鉱物油

l  酸化剤

l  4級アミン 全6種すべて無添加

カラーバリエーション 4色

髪が傷まない白髪染めトリートメントとして一番に挙げられるのが、利尻ヘアカラートリートメントです。

利尻ヘアカラートリートメントでは髪が傷む原因を生み出す6種類の添加物がすべて無添加となっていて、とても安全性が高い商品となっていますよ。

さらに染料は低刺激のものだけを使用し、美髪成分も豊富に配合されています。

中でも美髪成分である利尻昆布に含まれるフコイダンは、髪にたくさんの潤いを与えてくれます。

どの白髪染めを使っても傷んでしまっていた方は、利尻ヘアカラートリートメントでその安全性を確かめてみてくださいね。

LPLPヘアカラートリートメント

内容量 200g
価格 3,000円
染料 塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)

香料 天然香料(ラベンダー、オレンジ、ローズマリー)
添加物 l  無鉱物油

l  タール系色素

l  ジアミン系酸化染毛剤 全3種すべて無添加

カラーバリエーション 4色

LPLPヘアカラートリートメントも利尻ヘアカラートリートメントに負けないくらい人気の白髪染めトリートメントとなっています。

髪や頭皮が傷む危険性のあるジアミン系酸化染毛剤やタール系色素をはじめ、できるだけ添加物の配合を避けている商品なので安心・安全です。

LPLPヘアカラートリートメントには香料が使用されていますが、それらはすべて天然香料なので傷む心配をせずに香りを楽しみながら白髪を染めることができますよ。

さらにLPLPヘアカラートリートメントにも昆布エキスのフコイダンが含まれています。

こちらはサイズの違う2種類のフコイダンが使われていて、頭皮の奥深くまで保水成分をしっかりと届けることができますよ。

ですから髪や頭皮の保水効果を重視して選びたい方には特におすすめです。

マイナチュレオールインワンカラートリートメント

内容量 200mg
価格 3,980円
染料 塩基性染料

HC染料

香料 無添加
添加物 l  シリコン

l  鉱物油

l  パラベン

l  ジアミン系染料

l  紫外線吸収剤

l  サルフェート

l  法廷タール色素 全7種すべて無添加

カラーバリエーション 2色

マイナチュレオールインワンカラートリートメントはたったの1本で

白髪ケア

スカルプケア

ヘアケア

エイジングケア

これらのケアを同時に済ませてしまうことができる優れもの。

また、危険な添加物が無添加となっている数も多く、傷みの原因をなるべく生み出さないように作られています。

さらに44種類の美髪成分が見た目の美しさをずっと維持してくれることでしょう。

そのため頭皮が敏感な方にも進んでおすすめできる商品となっていますよ。

痛む白髪染めトリートメントを選んでしまわないためのポイント

最後に、痛む白髪染めトリートメントを選んでしまわないための3つのポイントをお伝えしていきます。

下記のような白髪染めトリートメントを使うと、傷みを気にせずに白髪染めをすることができますよ。

安全性の高い染料だけを使用しているかどうか

白髪染めの染料には、ジアミン系色素などが使われているものも多くあります。

そしてこういった染料が傷む原因となってしまう場合があるのです。

そこでHC染料・塩基性染料・植物染料といった低刺激の染料が使われた白髪染めトリートメントを選ぶと髪や頭皮へのダメージを抑えながら染めることができますよ。

危険な添加物が配合されていないか

染料以外にも危険な添加物が配合されていることもあります。

上記のようなジアミンの他に、私たちの体へ有害な添加物はいくつもあります。

しかしそのような添加物をできるだけ省いて作られている白髪染めトリートメントを選べば、傷みづらくすることに繋げることができますよ。

美髪に有効な成分を豊富に配合しているかどうか

どれだけ美髪に有効な成分が多く含まれているかというのも白髪染めトリートメントを選ぶ時には大事なポイントとなります。

髪の修復や補修効果のある成分が豊富なほど、触り心地のよい美しい髪をキープしやすくすることができます。

まとめ

白髪染めトリートメントを使って痛むかどうかはどの商品を選ぶかによって変わってきます。

そのため少しでも傷んでしまうリスクを減らすには、傷みの原因を知り、その原因の元が含まれていない白髪染めトリートメントを選ぶことが重要になってきますよ。

あなたも痛まない白髪染めトリートメントを使って、髪質を改善してしまいましょう。