白髪染めトリートメントはどのくらいの頻度で使うべき?使用頻度を減らす方法とは

もう既に白髪染めトリートメントを使っている方は、一体どんな頻度で白髪を染めればいいのか考えたことはありますか?

通常の白髪染めよりも色持ちしづらい白髪染めトリートメントは、どのくらいのペースで使っていくと良いのか悩まれている方もいると思います。

やはりできることなら、なるべく少ない頻度で長持ちさせながら白髪染めトリートメントを使っていきたいですよね。

ここではそんな気になる白髪染めトリートメントの使用頻度についてお伝えしていきます。

そもそも白髪染めトリートメントとは?通常の白髪染めとの違い

白髪染めトリートメントの使用頻度を知る前に、まずはササッと軽く白髪染めトリートメントの特徴をご紹介していきますね。

白髪染めトリートメントのことをまだあまり知らない方も、ぜひご覧ください。

髪の色を抜かずに白髪を染めることができる

白髪染めトリートメントには、脱色をしなくても白髪が染まるという特徴があります。

それはなぜかと言うと、白髪染めトリートメントは髪全体をコーティングして色素が付着することで色づくからです。

脱色と聞くと、髪に大きなダメージを与えて髪質が悪くなるというイメージが頭に浮かびませんか?

しかし脱色をしなくても白髪を染められる白髪染めトリートメントは、通常の白髪染めに多い脱色して染めるタイプと比べて髪や頭皮を傷付けずに白髪を染めることができますよ。

ただ、脱色して染めない分一度では染まりづらくなってしまうので、ちゃんと白髪を染めるためには何度か使用して染めなければいけません。

刺激が少ないから何度でも使用できる

白髪染めトリートメントは髪や頭皮に優しく、とても低刺激です。

そのため白髪が気になったら、かぶれやアレルギー反応を心配せずに何度でも白髪染めをすることができますよ。

白髪染めで髪が傷んだり、頭皮に異常が生じてしまったら、白髪が気になっても染めようという気持ちがなかなか起きなくなってしまいますよね。

ですが白髪染めトリートメントであればそういった症状を緩和することができるので、安全に白髪を染めることが可能ですよ。

髪や頭皮をケアできる成分が豊富に配合されている

白髪染めトリートメントを使うと、白髪染めによる髪や頭皮へのダメージを抑えるだけでなく、同時に髪や頭皮をケアしていくこともできます。

なぜなら傷んだ髪を美髪へと近づけるトリートメント成分が豊富に配合されているからです。

これまで白髪染めを使ってきた方であれば、使えば使うほど髪質が悪化していったという経験をお持ちの方もいるかもしれません。

しかし白髪染めトリートメントは逆に、使えば使うほど自分の理想とするキレイな髪質に変えていくことができるのです。

ですから今までの白髪染めに対する印象を覆すものが白髪染めトリートメントという風になっていますよ。

白髪染めトリートメントの使用頻度はどのくらいがベスト?

白髪染めトリートメントについての紹介が済んだところで、ここからは本題である白髪染めトリートメントの使用頻度を詳しくご説明していきます。

白髪染めトリートメントはどのくらい間を空けて使うべきなのか、ぜひ参考にしてみてくださいね。

初めて染めるなら最低でも3日は使用する必要がある

前項でもお伝えしましたが、残念なことに白髪染めトリートメントは、一度使用しただけではなかなか白髪が染まってくれません。

使っていくうちに少しずつ染めていくものなので、初めて使用する時には最低でも3日は続けて使うようにしましょう。

また、初めての場合は髪が乾いた状態から使うとさらに染まりやすさがアップしますよ。

白髪がきちんと染まった後は週1回から2回程度でOK

そうして白髪がある程度染まった方には、週に1回から2回のペースで白髪染めトリートメントを使用するのがおすすめです。

1週間に少なくても2回前後使うだけで、色落ちを感じない染めたままの髪色をキープしていくことができますよ。

ちなみに白髪染めトリートメントはシャンプー後のトリートメントとして使うことができるので、浴室でトリートメントをする時に使用してみるのも良いかもしれませんね。

使う頻度を減らしたら色落ちしないように注意しよう

上記のように、白髪が染まったら白髪染めトリートメントを使う頻度を減らしても問題はないのですが、注意しなければならないことがあります。

それは白髪を染めた後の色落ちです。

知らないうちに刺激の強いシャンプーを使っていたりすると、それだけで色落ちが激しくなってしまう場合もあります。

そこで、そういう時には色持ちが良い白髪染めトリートメントがおすすめですよ。

色持ちが良ければ自然と使用頻度を少なくすることにも繫げていくことができます。

なるべくコストをかけずに白髪染めトリートメントを使っていきたい方は、色持ちがいいかどうかにも注目して選んでみてくださいね。

色持ちが良いから安心!頻度が少なくても大丈夫な白髪染めトリートメント

それでは最後に、個人的な意見ではありますが、使ってみて色持ちが良いと感じた白髪染めトリートメントを2つご紹介していきます。

白髪染めトリートメントの染まりやすさに疑問や不満を抱いてしまっている方は、ぜひ使ってみてください。

利尻ヘアカラートリートメント

染料 塩基性染料

HC染料

天然染料(シコンエキス・ウコンエキス・アナトー・クチナシ)

成分 利尻昆布、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど

全28種

トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー

カラーバリエーション ライトブラウン・ナチュラルブラウン

ダークブラウン・ブラック

内容量 200g
価格 3,000円

利尻ヘアカラートリートメントは染まり具合と色持ちの良さがどちらも優れています。

実際に白髪染めトリートメントの中でも毎回トップを争い続けている商品で、誰にでも自信を持っておすすめすることができます。

ちなみに私が愛用している一番のお気に入りも利尻ヘアカラートリートメントです!

ルプルプヘアカラートリートメント

染料 塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ・クチナシ・藍)

成分 ガゴメ昆布、その他
カラーバリエーション ダークブラウン・ブラウン・モカブラウン・ソフトブラック
内容量 200g
価格 3,000円

ルプルプヘアカラートリートメントで白髪を染めた後は、なんだか髪が潤っているような感じになります。

また、使用しているうちにツヤが出てきて、さらにふわっと柔らかくなるのでつい触りたくなります。

ですから白髪に悩んでいる方だけでなく、髪が乾燥してパサパサになってしまっている方にもおすすめですよ。

まとめ

白髪染めトリートメントは色持ちが良ければ良いほど使用頻度を減らして使うことができます。

やはり、どうせ使うなら少しでも長く節約しながら使っていきたいですよね。

ここでご紹介したような色持ちの良い白髪染めトリートメントを使用して、上手にコストをカットしながら白髪を染めてしまいましょう。